PR

 データベース関連ソフトを手がけるアシストは2011年7月19日、データ統合ソフト「Talend」を帳票作成など特定の業務用途に応用したパッケージ2製品を出荷した。帳票出力パッケージと、文字コード変換パッケージである。いずれも、簡単なサンプル・アプリケーションを含む。

 前提となるTalendは、仏Talend SAが開発したオープンソース(OSS)のデータ統合ソフト。Java環境で動作する。大きく、EAIソフトの「Integration Suite」と、データ・クレンジング・ソフト「Data Quality」などで構成する。中核を成すEAIソフトは、データの収集、変換・加工、配信などのフローを定義・実行し、異なるシステム間でデータを連携させる。

 今回、Talendの中核を成すEAIソフトを用いた業務処理の例として、(1)「データ連携・帳票出力ソリューション」と(2)「データ連携・文字管理ソリューション」の2つのパッケージを用意した。

 (1)のデータ連携・帳票出力ソリューションは、EAIソフトと富士通が開発した帳票作成ソフト「List Creator」を組み合わせたもの。基幹システムなどからEAIソフト経由で抽出・加工したデータを、帳票作成ソフトを介して、Excel、PDF、印刷、自動FAX送信など各種の帳票として出力する。サンプルアプリケーションとして、帳票出力をWebブラウザ経由で指示するWebアプリケーションなどが付属する。

 一方、(2)のデータ連携・文字管理ソリューションは、EAIソフトと富士通が開発した文字コード変換ソフト「Charset Manager」を組み合わせたもの。EAIソフトで抽出した文字データを適切な文字に変換する。メインフレームの文字コードをオープン系の文字コードに変換したり、特定の文字を別の文字に置き換えたりすることができる。また、特定の文字が含まれる入力データを排除し、エラー通知を出すといった運用ができる。サンプルアプリケーションとして、メインフレームのデータ出力を変換・加工するバックエンドシステムが付属する。

 それぞれのパッケージの価格は、Talend(Integration Suite)の価格(年額ライセンス)と、List CreatorまたはCharset Managerの価格(買い取り制のライセンスと、保守ライセンス1年分)を組み合わせたものになる。Integration Suiteを含めた初年度の価格は、データ連携・帳票出力ソリューションが291万4500円(税別)、データ連携・文字管理ソリューションが138万8000円(同)。