PR

 NECは2011年7月28日、2011年4-6月期の連結決算を発表した。売上高は前年同期比0.2%増の6691億円で増収。一方で、赤字幅はそれぞれ改善したものの営業損益は194億円の赤字、当期純損益は297億円の赤字となった。

 通信事業者の堅調な設備投資を背景としたキャリアネットワーク事業の売上高拡大が増収に寄与した。営業損益はキャリアネットワーク事業とパーソナルソリューション事業の黒字転換により、赤字幅が前年同期比で38億円改善。当期純損益も持分法投資損益の改善などで赤字幅が同134億円減った。

 不調さが目立つのは、減収が続き赤字も拡大したITサービス事業。「想定していたほど国内IT投資は東日本大震災の影響で落ち込んでいない」(NECの川島勇取締役執行役員兼CFO)が、同事業の売上高は前年同期比2.3%減の1575億円。営業損益は74億円の赤字となった。官公庁と医療機関向けが堅調な一方で、流通業や通信業向けの減収が響き営業損益の赤字幅が17億円悪化した。

 ただ、同社では国内IT投資が2011年度下期から持ち直し、2012年度以降に本格回復すると見込む。「クラウドサービスやグローバル事業で、ITサービス分野の売り上げ拡大に取り組む」と川島取締役は述べた。