PR

 テレビ朝日は2011年7月29日、衛星チャンネルが行うCS放送事業を譲り受けることについて、同社と大筋で合意したと発表した。衛星チャンネル(朝日ニュースターを運営)が行うCS放送事業をテレビ朝日の放送事業の一部として組み入れて、テレビ朝日が2チャンネルのCS放送チャンネルを運営する。テレビ朝日のCS2チャンネル体制の開始は2012年4月1日を予定する。

 衛星チャンネルのCS放送事業を、地上波テレビ放送事業者として実績のあるテレビ朝日が承継し運営に当たることで、有料放送市場での競争力強化とテレビ朝日グループ内でのコンテンツ価値最大化を図るという。また、「テレ朝チャンネル」とのCS2チャンネル運用により、「この二つのチャンネルのより一層の視聴契約の獲得に結び付けるとともに、業務効率化についてもさらに取り組んでいく」としている。

 テレビ朝日は2011年2月、メディアグループ間の競争に勝ち残り、日本でトップグループの総合コンテンツ企業となるための「デジタル5ビジョン<経営計画2011-2013>」を策定した。そのなかで、地上波テレビ放送が中心となってBS放送やCS放送などの放送メディアやそのほかのメディアと相乗的・有機的に連携してコンテンツ展開をしていく方針を柱として盛り込んだ。