PR
図 BSAT‐3c/JCSAT‐110Rのイメージ写真
図 BSAT‐3c/JCSAT‐110Rのイメージ写真
[画像のクリックで拡大表示]

 放送衛星システム(B-SAT)とスカパーJSAT、仏Arianespaceは2011年8月7日、南米仏領ギアナ宇宙センターにおいて同日の午前7時52分(現地時間6日午後7時52分)に、「BSAT‐3c/JCSAT‐110R」(図)の打ち上げに成功したとそれぞれ発表した。この衛星は、打ち上げから約38分後にロケットから分離された。打ち上げから1時間後の午前8時52分には同衛星からの電波を正常に捕捉した。2011年8月13日ごろに、遷移軌道から高度3万6000kmの静止軌道に入る予定である。

 BSAT‐3c/JCSAT‐110R は、BS用トランスポンダ(電波中継器)とCS用トラポンを併載したハイブリッド衛星で、現在放送中のBSデジタル放送や2011年10月に開始予定の新たなBSデジタル放送に対応する。東経110度CS放送では、予備衛星という位置付けである。製造したのは衛星メーカーの米Lockheed Martinで、B-SATは同社からの引き取りを9月中旬に予定する。

 B-SATは、現在使用している「BSAT-3a」と「同3b」に今回の3cを加えた3機を基本とする体制を運用することにより、「12チャンネル時代のBSデジタル放送を支え、そのますますの発展に寄与していく」としている。一方、Arianespaceは今回、BSAT‐3c/JCSAT‐110Rとともにルクセンブルクの衛星通信事業者の衛星である「ASTRA 1N」の打ち上げにも成功したと発表した。Arianespace は今回の打ち上げに使ったロケットの「Ariane 5」について、「二つの衛星の同時打ち上げが可能な唯一の商用ロケット」としている。

[B-SATの発表資料へ]

[スカパーJSATの発表資料へ]

[Arianespaceの発表資料へ]