PR

 日本公認会計士協会(JICPA)は2011年8月10日、J-SOX(内部統制報告制度)の監査基準の改正版を公表した。監査基準の名称は、監査・保証実務委員会報告第82号「財務報告に係る内部統制の監査に関する実務上の取扱い」。J-SOX簡素化の方針を打ち出した3月29日公表の内閣府令や、3月30日公表の金融庁企業会計審議会の文書などを受けて改正された。

 改正版では、内部統制監査と財務諸表監査のより一層の一体化や、経営者が実施した内部統制の整備・運用状況評価の利用の促進、中小企業向けの内部統制監査上の留意点に関する記述を追加・修正している。いずれも金融庁企業会計審議会が3月30日に公表した「財務報告に係る内部統制の評価及び監査の基準並びに財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準の改訂に関する意見書」に沿った内容の改正だ(関連記事:2011年度からJ-SOXが簡素化へ、金融庁が意見書を公表 )。

 財務報告監査との一体化について、改正版では「監査事務所だけでなく、業務執行社員も同一であることを求めている」旨を新たに追加した。経営者の評価結果の利用については、「内部統制の監査手続の選択及び適用」という項目を新たに設け、「経営者の評価方法と監査人の監査手続きや手法とは必ずしも同一である必要はない」ことなどを明記している。

 中小企業向けの簡素化措置では、新たに付録として「中小規模企業」の内部統制監査上の留意点を約4ページ分追加した。経営者が日常業務に深く関与している点や、職務分掌が難しい点を考慮すること、などを記載している。中小規模企業とは「事業規模が小規模で、比較的簡素な構造を有している組織」などを指す。

 このほか、内部統制の整備・運用状況に不備があり財務諸表が誤っている可能性がある「重要な欠陥」が、「開示すべき重要な不備」になったことを反映するなどしている。JICPAは改正版の草案を5月24日から6月24日まで公開し、意見を求めていた。