PR

 2011年8月16日の11時29分頃から、NTTドコモのスマートフォン向けプロバイダーサービス「spモード」がつながりにくい状況になっている。影響範囲は最大でspモードのユーザー約400万人である。

 つながりにくくなったのは、spモードのセッションを切断した後で、新規接続を試みたユーザーだという。具体的には、「電源を切った」「圏外に移動した」「無線LANの接続に切り替えた」――などの動作をするとspモードのセッションが切れ、その後で再度spモードに接続した場合が該当する。

 NTTドコモでは、原因を通信設備のハードウエア故障としている。同日17時現在では「ハードウエア故障への対応はおおむね完了したが、障害に伴うユーザー端末からの再接続要求の増加などによって輻輳(ふくそう)が起こっている状態」(同社広報)である。

[追記]
この障害は2011年8月16日18時29分に復旧した。

[NTTドコモの通信障害のお知らせへ]