PR
画像●Skype Technologiesが公開したアプリ画像
画像●Skype Technologiesが公開したアプリ画像
[画像のクリックで拡大表示]

 ルクセンブルクのSkype Technologiesは現地時間2011年8月17日、公衆無線LANサービス「Skype WiFi」(旧名称は「Skype Access」)を米AppleのモバイルOS「iOS」に対応させた。Appleの「iPhone」や「iPad」などから従量制でSkype WiFiを利用できる。

 iOS向けアプリケーションはAppleのモバイルアプリケーション配信/販売サービス「App Store」で無償ダウンロードできる。

 同アプリケーションでは、ホテル、空港、駅、コンベンションセンター、レストランなど世界100万カ所以上で公衆無線LANの接続が可能。使った分だけ支払う従量制で、分単位で「Skype Credit」による決済が行える。電子メールをチェックするだけ、あるいは通話で簡単な用事を伝えるだけといった短時間利用のときは、1日または1時間パスを購入せずに、従量制課金でインターネットにアクセスできる。

 iOS向けSkype WiFiアプリケーションはiOS 4.1以降を搭載したiPad、iPhoneおよび「iPod touch」で使用可能。Skype WiFiの利用料は1分あたり0.06ドル(0.05ユーロ)から。

 Skypeは同アプリケーションのリリース記念として、8月20日午前0時から21日午後23時59分まで、Skype WiFi利用を最大60分無料にするキャンペーンを実施する。

[発表資料へ]