PR

 米Amazon Web Services(AWS)は現地時間2011年8月16日、米連邦政府機関とその契約業者専用のリージョン(データセンター)「AWS GovCloud」を発表した。国際武器取引規則(ITAR)をはじめとする連邦政府の規制に対応し、厳重な機密データを安全にクラウド環境に移行できるとしている。

 GovCloudリージョンは、物理的および論理的に米国民のみアクセスが許可されるため、ITARなどで厳格に規制されるデータの保存や処理が行える。他のAWSリージョンと同様の高いセキュリティを提供し、連邦情報セキュリティ管理法(FISMA)、連邦情報処理規格「FIPS 140-2」、米国監査基準「SAS70」、情報セキュリティ規準「PCI DSS Level 1」といった認証を獲得している。

 GovCloudリージョンでは、仮想マシンホスティングサービス「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」、オンラインストレージサービス「Amazon Simple Storage Service(S3)」、仮想プライベートクラウドサービス「Amazon Virtual Private Cloud(VPC)」のほか、EC2用外付けディスクオプション「Amazon Elastic Block Store(EBS)」、権限管理サービス「AWS Identity and Access Management(IAM)」、クラウド監視サービス「Amazon CloudWatch」が利用可能。価格などの詳細は、同社サイトに掲載している。

[発表資料へ]