PR

 米DisplaySearchは米国時間2011年8月18日、ノートパソコンとタブレット端末を合わせたモバイルパソコンの世界市場に関する調査結果(速報値)を発表した。それによると2011年第2四半期は、米Appleが首位の座を米Hewlett-Packard(HP)から奪った。

表●2011年第2四半期の世界モバイルPC市場のトップ5
順位メーカー出荷台数(百万台)市場シェア
1Apple13.621.1%
2HP9.715.0%
3Dell7.511.6%
4Acer Group710.9%
5Lenovo4.87.5%
出典:DisplaySearch Quarterly Mobile PC Shipment and Forecast Report

 第2四半期におけるAppleのモバイルパソコン出荷台数は前年同期比136%増の1360万台(市場シェア21.1%)で、うち約80%をタブレット端末「iPad」が占めた。iPadの出荷台数は1070万台で同107%増加した。HPのモバイルパソコン出荷台数は970万台(市場シェア15.0%)だった。

 モバイルパソコン全体の出荷台数は6440万台で前年同期比28%増加した。タブレット端末は同400%増の1640万台、ノートパソコンは同2%減の4800万台だった。タブレット端末の隆盛に押され、台湾Acerの出荷台数は前年同期から12%減少し、上位5ベンダーの中で最も大きく落ち込んだ。また、Appleを除いたタブレット端末の出荷台数合計は560万台で成長率は25%となる。

[発表資料へ]