PR

 ルクセンブルクのSkype Technologiesは現地時間2011年8月21日、モバイル向けグループチャットの米GroupMeを買収することで両社が最終合意に達したと発表した。買収金額などの条件については明らかにしていない。

 SkypeはGroupMeを買収することにより、モバイル向けサービスの拡充を図る。GroupMeは2010年に設立され、ニューヨーク市を拠点として無料グループメッセージングサービスを手がけている。連絡先リストからメンバーを追加して複数人で同時チャットが行えるほか、グループ単位でいっせいにメッセージを送ったり受け取ったりすることができる。位置情報の追加や写真の共有といった機能を備え、近くにいるユーザー同士でリアルタイムで行動プランを相談することができる。

 米Appleの「iOS」、米Googleの「Android」、カナダResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry」、米Microsoftの「Windows Phone 7」に対応したモバイルアプリケーションを提供しており、ショートメッセージングサービス(SMS)機能を持つ他の携帯電話でも利用できる。

 Skypeは、音声およびビデオ通信サービスに加え、位置情報などの機能を持つテキストベースのコミュニケーションを提供することで、各種プラットフォームに対応したさまざまな形態の通信サービスの世界展開を強化したいとしている。同社は今年初めにもモバイル向けビデオサービスの米Qikを買収している。

 GroupMeは買収後もニューヨーク市にとどまり、独立事業としてアプリケーションの提供を続ける。米メディアの報道(Wall Street Journal)によると、将来的にはSkypeとGroupMeの技術を統合する予定。なおSkypeは、米Microsoftが同社を85億ドルで買収することで最終合意しており、現在欧州当局などによる承認を待っている段階である。

[発表資料(Skypeのプレスリリース)]
[発表資料(GroupMeの公式ブログ)]