PR
Android 3.2を搭載したタブレット端末「GALAPAGOS(A01SH)」。3G回線には対応せず、IEEE802.11b/g/n無線LANとBluetooth Ver.2.1+EDRに対応する。
Android 3.2を搭載したタブレット端末「GALAPAGOS(A01SH)」。3G回線には対応せず、IEEE802.11b/g/n無線LANとBluetooth Ver.2.1+EDRに対応する。
[画像のクリックで拡大表示]

 イー・アクセス(イー・モバイル)は、国内初のAndroid 3.2搭載タブレット端末「GALAPAGOS(A01SH)」(シャープ製)を2011年8月30日に発売する。直販の「イーモバイル オンラインストア」での価格は4万4800円。

 「GALAPAGOS」ブランドのタブレット端末で、7型WSVGA(1024×600ドット)のマルチタッチ対応液晶を搭載。NVIDIAのデュアルコア統合プロセッサー「Tegra 2」を採用して、大画面表示と長時間のバッテリー駆動を両立させた。通信機能は、IEEE802.11b/g/n無線LANとBluetooth Ver.2.1+EDRに対応する。3G回線には対応しない。

 カメラは、フロントが約200万画素、リアが約500万画素。HDMI端子、GPS、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位センサー、照度センサーを内蔵。外部記憶用にmicroSDメモリーカードスロットを備える。また、液晶テレビ「AQUOS」との連携機能を備え、端末画面をAQUOSに表示したり、端末をリモコンにしてAQUOSやAQUOSブルーレイを操作できる。

 駆動時間は、静止画表示時で約7.5時間、動画再生で約6時間。大きさは幅195×高さ122×奥行き12.6mm、重さは約389g(バッテリー含む)。店頭では、モバイル無線LANルーター「Pocket WiFi」のセット販売もある。