PR

 2011年第2四半期(4~6月)における中国のパソコン出荷台数は約1850万台で、米国の約1770万台を上回り、中国は世界最大のパソコン市場になった――。こうした調査結果を市場調査会社の米IDCが米国時間2011年8月23日に公表した。

 それによると、全世界のパソコン出荷台数に占める中国市場の割合は22%、これに対し米国は21%。中国はパソコンの販売金額でも119億ドルとなり、米国の117億ドルを上回った。

 2011年の1年間を見た場合、米国の出荷台数は7350万台、中国が7240万台とIDCは予測しており、米国市場が依然として世界最大を維持する見通し。年末商戦で米国のパソコン販売が持ち直し、中国市場は夏の繁忙期後に縮小する傾向にあることから、2011年の第4四半期は米国が中国を上回る。しかし2012年は、米国の年間出荷台数が7660万台となるのに対し、中国は8520万台へと伸び、米国を大きく引き離すとIDCは予測する。

 「中国の台頭は大きな転換点。これは新興国市場における富の拡大や、成熟市場の相対的な成長鈍化を反映している」とIDC、Worldwide Quarterly PC Tracker部門ディレクタのLoren Loverde氏は述べている。また同氏は「米国をはじめとする成熟市場の景気減速により、中国市場が首位になる時期が早まった」とも述べており、中国のリードは今後さらに加速するとしている。

 なお、IDCがここで言うパソコンとは、デスクトップパソコンや、ノートパソコン、ネットブックなどのミニノートパソコンを指し、x86サーバーや、携帯電話、iPadやAndroid端末などのメディアタブレットは含まない。出荷台数には、流通チャネルへの出荷分、直販分、OEM販売分も含む。

[発表資料へ]