PR
写真1●ネットワンシステムズでビジネス推進グループマーケティング本部ソリューション・マーケティング部の渋屋隆一氏
写真1●ネットワンシステムズでビジネス推進グループマーケティング本部ソリューション・マーケティング部の渋屋隆一氏
[画像のクリックで拡大表示]

 「待機系のデータセンターを用意しておけば、東京にある100台の仮想サーバーを、災害発生から2時間で、災害発生の4時間前のデータに、大阪で復旧できる」---。ネットワンシステムズは2011年8月24日、都内で説明会を開き、仮想化技術などを用いたデータセンターの災害対策のあり方を解説した。

 災害を想定したBCP(事業継続計画)では、データセンターで稼働する情報システムやデータを、別のデータセンターなどでバックアップする対策がとられる。この際、想定する災害の種類(発生確率や広域性)に応じて、適応する技術や対策が変わる。例えば、局所的だが頻ぱんに発生する施設障害であればデータバックアップで対処し、あまり起こらないが広域の自然災害であれば長距離での非同期レプリケーションで対処する、といった具合だ。

 災害対策を考える上で必須となる視点として、ネットワンシステムズでソリューション・マーケティング部に在籍する渋屋隆一氏は、RTO(リカバリに要する時間)とRPO(どの時点のデータまで戻せるか)の二つを指摘する(写真1)。さらに、RTOと関連する視点としてRLO(サーバーの起動台数など、どのレベルまで復旧するか)、RPOと関連する視点としてRGO(回線の帯域/遅延を考慮したサイト間の距離)が重要と説く。

 基本的な考え方として、RTO(リカバリに要する時間)は、仮想サーバーの起動に必要な時間である。一方、RPO(どの時点のデータまで戻せるか)は、ストレージデータをレプリケーションするタイミングで決まってくる。企業は、企業が望むRTOやRPOに応じて、災害対策を策定し実施する。

データ分散にAvamer/VPLEX、リカバリ簡素化にvCenter SRM

 ネットワンシステムズが手がけた事例や想定事例で採用している災害対策に有効な製品は、以下の通り。バックアップツールは、重複排除によってネットワーク転送量を低減できる「EMC Avamer」を使う例が多い。待機系データセンター環境における仮想サーバーのリカバリを簡素化するツールは「VMware vCenter Site Recovery Manager」が有効という。また、負荷分散装置を使って広域でアクセスを分散することで、サイトの切り替えを高速化できる。

 今後主流となるアクティブ・アクティブ構成のデータセンターでは、複数データセンターを論理的に単一のデータセンターとして運用できる。この上で、VMware vMotionやVMware HAを用いて仮想サーバーをサイト間でマイグレーションする。このための製品として、サイト間をレイヤー2で接続するネットワーク機器や、広域に分散したFCストレージを論理的に1台のFCストレージとして使えるようにする仮想化ゲートウエイ装置「EMC VPLEX」が適するという。

リカバリ検証では、2時間(RTO)で4時間前のデータ(RPO)を復旧

 ネットワンシステムズでは、実際に待機系のデータセンターを使って、リカバリにおけるRTOとRPOを検証している。VMware vCenter Site Recovery Managerを用いてリカバリを試みたところ、目安として、遅延10ミリ秒のネットワーク(帯域は、1Gビット/秒、およびWAN高速化装置を併用した100Mビット/秒)、100台の仮想サーバーという条件で、災害発生から2時間(RTO)で、災害発生の4時間前のデータ(RPO)に復旧できたという。

 データセンターの災害対策はユーザー企業がみずから策定することが原則だが、ネットワンシステムズは、BCPの診断サービスと策定サービスをSIサービスとして提供している。具体的には、「ICT-BCP診断サービス」(目標復旧時間と現状とのギャップを分析)と、「ICT-BCP策定サービス」(対策の優先順位を決定、製品の導入計画、体制の構築)である。