PR
写真●iPhoneアプリ「ロリポップ! for iPhone」
写真●iPhoneアプリ「ロリポップ! for iPhone」
[画像のクリックで拡大表示]

 paperboy&co.は2011年8月25日、同社が提供しているレンタルサーバーサービス「ロリポップ!レンタルサーバー」をクラウドストレージとして利用できるようにするiPhoneアプリ「ロリポップ! for iPhone」(写真)を開発、同日付けで配布開始したことを発表した。対応OSはiOS4以上で、App Storeから無償でダウンロードできる。

 同アプリを使うことで、ユーザーが契約しているレンタルサーバーのディスクスペースをファイルのアップロードやダウンロード、音声や動画のストリーミング再生などに対応したクラウドストレージとして利用できるようになる。Webページの公開やメールサービスなどレンタルサーバーとしての機能は引き続き利用できる。

 専用アプリは、FTPやWebDAVを使って任意ファイルをアップロードしたりダウンロードしたりする機能に加え、Microsoft Officeの文書ファイル(Word、Excel、PowerPoint)やPDFファイルの閲覧機能、音声や動画ファイルのストリーミング再生機能などを備えている。対応する音声ファイル形式は「.mp3、.m4a、.wav、.aiff、.aac」、動画ファイル形式は「.m4v、.mp4、.mov、.avi」となっている。

 iPhoneのカメラロールに保存された写真やその場で撮影した写真をiPhoneから直接サーバー上のディスクスペースにアップロードする機能も搭載。サーバーを使って公開しているWebページを構成するHTMLファイルやCSSファイルなどをiPhoneから直接編集および更新する機能なども備えている。

 利用可能なストレージ容量は、契約するロリポップ!レンタルサーバーのメニューによって決まる。最も安い月額105円の「コロリポプラン」を使う場合は最大2Gバイト、標準的な「ロリポプラン」(月額263円から)の場合は最大13Gバイト、最も高い「チカッパプラン」(月額525円から)では最大30Gバイトのディスク容量を利用可能だ。

 同社では、今後のiPhoneアプリのアップデート予定も明らかにしている。対応ドメイン名の追加(20種類)やファイルのソート機能、ファイルのコピー機能、レンタルサーバー契約情報の閲覧および変更機能、独自ドメインの契約期限の表示機能、ファイルエディター機能の拡充などの機能追加や強化を図る予定だという。