PR
Metroスタイルのユーザーインタフェース
Metroスタイルのユーザーインタフェース
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは米国時間2011年8月31日、次期パソコンOS「Windows 8」のユーザーインタフェース(UI)について説明した。同社のモバイルOS「Windows Phone」で採用しているUI「Metro」と、現行Windowsデスクトップの強化版との両方を搭載し、使い分けられるようにする。

 Windows 8では以前よりMetroを採用することを明らかにしていたが(関連記事1)、先週、ファイル管理ツールWindows Explorerでのリボンインタフェース採用を発表したことから(関連記事2)、さまざまな議論が起こっていた。

 同社はWindows 8の開発に取りかかる際に、Windowsをまったく新しく描き直そうとし、最初のデモでMetroベースのデザインを披露した。しかし同時に、多くのユーザーがWindows 7を気に入り、UIやアプリケーションに馴染んでいることから、その進歩的側面を次のパソコンでも使えるようにすることが重要だと考えたと、同社WindowsおよびWindows Live部門プレジデントのSteven Sinofsky氏は説明している。

 ユーザーはMetroスタイルでタッチ操作対応のグラフィカルな新しいアプリケーションを使える。一方、デスクトップでの詳細な操作やファイル管理を好み、既存アプリケーションやデバイスとの互換性を重視するユーザーは、従来のデスクトップスタイルで使うことができる。

[発表資料へ]