PR
「dynabook Satellite B371」
「dynabook Satellite B371」
[画像のクリックで拡大表示]
「dynabook Satellite B371」(背面)
「dynabook Satellite B371」(背面)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝は、17.3型HD+(1600×900ドット)液晶とテンキー付きキーボードを搭載した企業向けノートパソコン「dynabook Satellite B371」を2011年9月中旬発売する。大画面とフルサイズのキーボードで、デスクトップパソコンと同等の操作性を備える。希望小売価格は21万8400円から。

 デスクトップからの置き替えを想定したオールインワンノート。消費電力はデスクトップの4分の1にあたる約13W。約5時間のバッテリー駆動が可能で、オフィス内を移動させられる。ecoモードへ簡単に切り替える「TOSHIBA ecoユーティリティ」を標準搭載し、ディスプレイの明るさやスリープ状態になるまでの時間設定を最適化できる。

 第2世代Core i5-2520(2.5GHz)を搭載。容量250GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを搭載する。OSはWindows 7 Professional(32ビットまたは64ビットを選択)。メモリー容量やMicrosoft Office搭載などをオプションで選べる。本体寸法は幅413.6×奥行き270.0×高さ37.9mm、重さは約2.8kg。