PR

 博報堂DYメディアパートナーズの社内横断組織であるテクノロジー・ミライ・ワークスと、クウジットは2011年9月5日、広告に記載された専用の画像パターンをAndroidスマートフォンで画像認識し、動画広告を配信するサービス「A-CLIP for Android」を開発したと発表した。

 「A-CLIP for Android」は、博報堂DYメディアパートナーズが開発した動画変換配信サービス「Rocket Box」と、クウジットのAR技術「KART(Koozyt AR Technology)」を利用して開発したAndroidスマートフォン向け動画コンテンツ配信サービスである。画像認識技術を活用したアプリケーションを通じて、新聞広告に記載された特定のマークをスマートフォンのカメラにかざすだけで、広告掲載商品/ブランドに関連した映像/音声コンテンツや、Webサイトを手軽に楽しめるという。

 「A-CLIP for Android」は、これまで「A-CLIP」としてiPhone向けにサービス提供していたものを、Android向けに開発したもの。これにより、さらに多くの利用者が新聞広告と連動した動画コンテンツをスマートフォンで閲覧できるようになる。

 「A-CLIP for Android」の第1弾として、2011年9月4日の朝日新聞東京本社版・大阪本社版において、スーパーネットワークが運営している海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」の15段広告で提供した。今後も、「A-CLIP」の特長を生かした様々な企画を実施する予定という。

[発表資料へ]