PR

 米Yahoo!は米国時間2011年9月6日、Carol Bartz最高経営責任者(CEO)が退任したと発表した。同社は詳細について明らかにしていないが、Bartz氏に代わりTimothy Morse最高財務責任者(CFO)が暫定CEOを務め、そのあいだ正式なCEOを探すとしている。

 米Wall Street Journal(WSJ)は9月6日付の電子版で、事情に詳しい関係者の話として、Bartz氏は6日に取締役会から解任を告げられたと伝えている。Bartz氏に事前情報は入っていなかったという。Bartz氏の任期はまだ1年以上残っており「こうした突如の解任は、インターネット業界の構造転換がいかに激しく、老舗Web企業として米Googleや米Facebookなどの新興企業に対抗していくことの難しさを物語っている」と伝えている。

 Bartz氏は2009年1月にYahoo!共同創業者のJerry Yang氏の後任としてCEOに就き、その後3年弱、米Microsoftとの検索サービス提携や、組織再編、人員削減などに力を入れ、Yahoo!の経営改革を進めてきた。

 Yahoo!のRoy Bostock会長はBartz氏について、「経営改革という重要な時期と厳しい経済状況のなか、Yahoo!に貢献してくれたCarolに取締役会を代表して感謝する」とだけ述べている。

 なおYahoo!はすでに経営幹部委員会を設置しており、複数の幹部をメンバーとして任命している。Morse氏が暫定CEOとCFOを兼務するため、同委員会の幹部が正式なCEOが決まるまでのあいだMorse氏の日常業務を補佐する。

[発表資料へ]