PR
Qualest RS1A52R2Aの外観
Qualest RS1A52R2Aの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 クォーレストは2011年9月7日、CPUに消費電力が低いAtomを採用した1Uラックマウント型PCサーバー機「Qualest RS1A52R2A」を出荷した。故障の原因となる冷却ファンをCPUとチップセットに使っていないことで、長期運用が可能になるとしている。価格は、6万7620円(税込)から。

 RS1A52R2Aは、大量のPCサーバー機を運用するデータセンターなどに向いた、消費電力と発熱を抑えたPCサーバー機である。CPUにIntel Atom D525(1.8GHz)、チップセットにIntel ICH9Rを用いる。CPU/チップセットともに冷却ファンを使わない構成となる。故障の原因となる稼働部位が減るため、長期間、安定して運用できるとしている。

 ケースは1Uラックマウント型で、奥行きが249mmと短いのが特徴。ケースの前面に吸気ファンを2個、ケースの背面に電源ファン(排気ファン)を備える。電源ユニットは、容量200Wの80PLUS電源を採用した。ケース前面に、リムーバブル型の2.5型ドライブベイが2個ある。ケース背面のポートは、1000BASE-T×2、USB 2.0×2、シリアル、VGA、キーボード/マウス。I/O拡張スロットは、PCI-Express(x4)ハーフ×1。

 システム構成は、自由に変更できる。キーボード/マウスやOSは装備しない(各種ドライバCD-ROMが付属)。構成例と価格(税込)は以下の通り。(1)メモリーとディスクを備えない最小構成時で、6万7620円。(2)メモリー4Gバイト(SO-DIMM 2Gバイト×2)とディスク1.5Tバイト(2.5型SATA 750Gバイト×2)を備えた構成で、9万8490円(外付RAIDコントローラ付きで、10万4055円)。