PR

 テレビ東京は、動画CMの配信についてCMerTVと業務提携すると2011年9月6日に発表した。CM価値向上に関する新たな取り組みの一環として実施する。

 2011年10月3日からテレビ東京で放送されるCMをCMerTVのサーバーを通じて順次配信し、視聴者が繰り返し視聴できるサービスとして提供する。ユーザーは、テレビ東京公式ホームページ内の特設サイトから気になるCMを、何度でも無料で視聴できる。またCMを見ながら企業サイトやキャンペーンサイトで資料請求したり、商品を購入したりできる。

 今回の取り組みで配信するCMは、10月3日以降に放送するもののうち広告主などの許諾を受け、権利処理が完了したものとなる。順次素材数を増やしながら、最終的には権利処理されたCMのほとんどを視聴できる環境を目指す。

 これまで動画CMをインターネット上で配信する場合、音楽の権利処理で別途使用料を支払う必要があったという。CMerTVでは、日本音楽著作権協会(JASRAC)と動画CMの配信に関する包括的な使用料の支払いに合意した。また、そのほか複数の著作権管理団体とも許諾契約を行っている。

 今後CMerTVのサーバーから動画CMを配信することで、動画CMのURLをメールで送ったりSNSで共有したりなど、オンラインメディアで拡散できるようになる。両社は今回の取り組みを視聴者のCMへの接触機会拡大につなげることで、動画CMの再価値化を図る。

 CMerTVでは、CMのメイキング映像やシリーズCM、新商品の記者発表や工場見学などの映像配信も予定している。当面の目標として、様々な提携先と協力し月間1000万インプレッションを目指す。また大手アドネットワークへの動画CM配信も予定しており、こちらは月間5億インプレッションの配信を目指している。

 広告主は月額10万円の定額制と、1インプレッション単価2円で見られた分だけ掲載料を支払う成果型の2種類から選ぶことができる。掲載料の中には、視聴者が動画CMをどのように視聴したかを解析するログデータも含む。

[テレビ東京の発表資料へ(PDFファイル)]
[CMerTVの発表資料へ(サービスについて)]
[CMerTVの発表資料へ(テレビ東京との提携について)]