PR

 CA Technologiesは2011年9月8日、Windows環境向けイメージ・バックアップ・ソフトの新版「CA ARCserve D2D r16」を発表した。新たに、バックアップデータをクラウドストレージへコピーする機能や、仮想環境上にリカバリー用システムを構築するする機能などを追加した。価格は8万円(税別)から。同日から出荷開始した。

 CA ARCserve D2Dは、Windowsサーバーをディスク単位でイメージバックアップするソフト。小規模システムを保有する中堅・中小企業のニーズにフォーカスしている。

 新版では、クラウドストレージへのデータ移動に対応した。クラウド上に重要なバックアップデータを保管することで災害対策を強化する。特に同ソフトでは、ディスクバックアップしたデータのうち、更新頻度が低く長期保管が必要なファイルを自動抽出して、バックアップディスクからAmazon S3またはWindows Azureへ移動することが可能だ。「クラウドストレージは、ファイル容量だけでなく、ファイルのアップロード/ダウンロードも課金対象になる。アクセス頻度が少ないファイルのみをクラウドへ移動することで、ストレージコストを節約できる」(同社 ストレージ・ソリューション事業部 プロダクトソリューショングループ シニアコンサルタントの福田康幸氏)。

 また、バックアップ対象サーバーの可用性を高める新機能として、仮想環境上にリカバリー用のサーバーイメージをスタンバイしておくことが可能になった。バックアップと連動して、VMware vSphereまたはHyper-Vのハイパーバイザー上にリカバリー用システムが構築される。万が一の障害発生時にはリカバリー用システムが自動的に起動し、サーバーの業務を継続する。

 そのほかの機能拡張として、Windowsエクスプローラーからドラッグ&ドロップ操作でファイルをリストアしたり、サーバーだけでなくクライアントパソコン(Windows XP/Vista/7)のデータをバックアップしたりすることが可能になった。

 同日、大容量データに対応するデータ・バックアップ・ソフトの新版「CA ARCserve Backup r16」、データ・レプリケーション・ソフトの新版「CA ARCserve Replication/CA ARCserve High Availability r16」も発売。いずれも、クラウドへのバックアップ/レプリカ作成に対応するなどの機能強化を行った。