PR

 シトリックス・システムズ・ジャパンは2011年9月8日、仮想デスクトップ構築ソフトの新版「Citrix XenDesktop 5.5」を発表した。「PCの時代からクラウドの時代への転換期がやってきた。新製品ではクラウド時代に求められる機能を150以上追加した」と伊藤利昭氏(マーケティング&ビジネスディベロップメント本部 本部長)は説明する。

 主な新機能として、「仮想デスクトップのパーソナライズ」「WAN経由でのパフォーマンス向上」などがある。仮想デスクトップのパーソナライズ機能を使えば、仮想デスクトップのイメージを複数のユーザーで共有する場合でも、データや設定情報だけをユーザーごとに保存できる。これまでは、ユーザーごとに仮想デスクトップのイメージを作成・保存しなければならなかった。2011年8月に買収した米RingCubeの「Personal vDisk」という技術によって可能になった。

 WAN経由での配信速度は、最大で3倍に高めた。音声や動画の再生品質やグラフィック性能も向上させたという。同時に印刷・スキャンの速度を6倍に、アプリケーション起動速度を2倍に高速化させた。このほか、PC、タブレット端末、スマートフォン、シンクライアントなど幅広いデバイスに対応させるなどの改良を加えている。

 XenDesktop 5.5は、アプリケーション仮想化を実現するソフト「Citrix XenApp 6.5」を含む。新版では、「Instant App Access機能」によりアプリケーションの起動時間を半減させた。XenApp 6.5は単体製品としても販売する。XenDesktop 5.5もXenApp 6.5も、出荷開始は2011年10月以降。

■変更履歴
当初、「伊藤利昭氏」の名前を誤って掲載しておりました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2011/09/12 15:45]