PR
「XPS 17」
「XPS 17」
[画像のクリックで拡大表示]
「XPS 15」
「XPS 15」
[画像のクリックで拡大表示]
「XPS 15z」
「XPS 15z」
[画像のクリックで拡大表示]
「ALIENWARE M18x」
「ALIENWARE M18x」
[画像のクリックで拡大表示]
「ALIENWARE M17x」
「ALIENWARE M17x」
[画像のクリックで拡大表示]
「ALIENWARE M14x」
「ALIENWARE M14x」
[画像のクリックで拡大表示]

 デルは2011年9月9日、マルチメディアPCブランド「XPS」「XPS z」と、ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」からノートパソコンの新モデル6機種を発売した。いずれも最新の第2世代インテルCore i5/i7プロセッサーを搭載し、マルチタスク処理能力などを高めた。

 「XPS」は、HiFi JBLスピーカーを内蔵するマルチメディア用途向けで、17.3型液晶搭載の「XPS 17」(直販価格9万9980円から)、15.6型液晶搭載の「XPS 15」(同8万9980円から)の2機種を発売した。「XPS z」は、アルマイト加工の薄型アルミニウムシャーシの採用などで、デザインと性能を両立させたシリーズ。15.6型液晶搭載の「XPS 15z」(同9万9980円から)。

 「ALIENWARE」は、高いグラフィックス性能を持つゲーム向けシリーズ。18.4型液晶搭載でデュアルグラフィックス構成を選択できる「ALIENWARE M18x」(同22万9980円から)、17.3型液晶搭載で3D対応可能な「ALIENWARE M17x」(同15万9980円から)、14型液晶搭載の「ALIENWARE M14x」(同11万9980円から)の3機種。

 同時に、シリーズ最小11.6型液晶搭載の「ALIENWARE M11x」の価格を8万9980円からに改定した。今回発表の全機種とも、OSはWindows 7 Home Premium/Professional/Ultimateを選択できる。