PR
写真1●BUILD参加者に配られるWindows 8プレビュー版搭載のタブレット
写真1●BUILD参加者に配られるWindows 8プレビュー版搭載のタブレット
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●配布されるタブレット(上)と初代iPad(下)を並べてみた。iPadに比べ、かなり横長なことがわかる
写真2●配布されるタブレット(上)と初代iPad(下)を並べてみた。iPadに比べ、かなり横長なことがわかる
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●本体以外に、上段左から電源ケーブル、クレイドル、ディジタイザペンと、下段のBluetoothキーボードが付属する
写真3●本体以外に、上段左から電源ケーブル、クレイドル、ディジタイザペンと、下段のBluetoothキーボードが付属する
[画像のクリックで拡大表示]

 米国カリフォルニア州のアナハイムコンベンションセンターで開催されている米Microsoftの開発者向けカンファレンスBUILDで、次期OS「Windows 8」(開発コード名)を配布することがわかった。配布されるのは開発者向けプレビュー版で、BUILDの一般参加者に対して、専用のタブレット端末に搭載した形で配布される(写真1)。

 配布されるタブレット端末は、韓国Samsung製のもの。「700T1A」という型番でWindows 7向けスレートPCとして出荷されている製品がベースになっている。CPUは第2世代のCore i5、チップセットはSamasungのSuper PLS 1366×768、メモリーは4Gバイト、ディスクは64GバイトのSSDを、それぞれ搭載する。

 このタブレット端末を初代のiPadと並べてみたところ、iPadよりもかなり横長なことがわかる(写真2)。重さもiPadよりやや重く、手に持つとずっしりと感じるほどだ。

 本体以外にも、専用のクレードルとBluetooth接続のキーボード、ディジタイザペンが付属する(写真3)。このほか、米国内におけるAT&Tの3Gデータ通信が1年間付属する(2Gバイト/月まで)。