PR
写真●日立化成工業のICタグ
写真●日立化成工業のICタグ
[画像のクリックで拡大表示]

 日立化成工業は2011年9月13日、超小型のUHF帯ICタグ(RFID)を日立製作所と共同で開発し、2011年10月からサンプル出荷すると発表した。2012年2月から「μ-chip」Nモデルシリーズとして販売を予定している。価格は100万個を購入する場合で1個あたり10円台になるという。

 このICタグのサイズは2.5mm角で厚さが0.3mmである。サイズが小さいため、小型の部品や製品に装着しやすい。用途はトレーサビリティや真贋判定などを想定している。通信距離は内蔵しているアンテナで通信すれば、約20mmだという。外部のアンテナを使うことで、数mに通信距離を伸ばすことも可能である。ラインアップとしては、この2.5mm角のほか4mm角の製品も用意する。

[発表資料へ]