PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Twitterは米国時間2011年9月13日、Webサイト運営者向けのWeb解析ツール「Twitter Web Analytics」を発表した。Webサイト運営者は自身のサイトがTwitter上でどのように話題になっているかを理解することができる。

 Twitter Web Analyticsは、今年7月に買収したソーシャルメディア解析の米BackType(関連記事:Twitter、ソーシャルメディア解析のBackTypeを買収)の技術をベースにする。BackTypeはTwitterの投稿(ツイート)を解析するサービス「BackTweets」などを手がけていた。

 Twitter Web Analyticsでは、Webサイトのコンテンツに関してTwitterネットワーク全体でどれくらいツイートされているかといった測定データを提供するほか、TwitterからWebサイトへのトラフィック量や、Webサイトに設置した「Tweet Button」の利用状況を視覚的に表示する。

 Twitter Web Analyticsは今週より少数のパートナーを対象にパイロットプログラムを実施し、今後数週間ですべてのWebサイト運営者が利用できるようにする。また、Twitterの解析データを外部アプリケーションから利用するための「Twitter Web Analytics API」を開発者向けに提供することも計画している。

[発表資料へ]