PR

 総務省は2011年9月14日、電波監理審議会に対してジャパン・モバイルキャスティングから申請のあった207.5MHz以上222MHz以下の周波数を使用する移動受信用地上基幹放送局の開設について諮問を行った。いわゆるV-Highマルチメディア放送用の周波数であり、電波監理審議会は、予備免許することを適当とする旨の答申を行った。

 概要は以下の通り。送信所の設置場所は、東京都墨田区(東京スカイツリー)。最大実効輻射電力は105kW。放送エリアは、東京都のほぼ全域並びに茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県及び神奈川県の一部である。

 なお、答申は「申請書記載のとおり、福島県における地上アナログテレビ放送の受信者などへの影響については、周知広報の実施、相談窓口の設置、対策工事の実施などの対策を実施すること」という条件をつけている。総務省は、この答申を受け申請者に対し予備免許の交付を予定する。

[発表資料へ]