PR
画像●一部ユーザーのプロフィールに「Subscribe」ボタンが表示されるようになる
画像●一部ユーザーのプロフィールに「Subscribe」ボタンが表示されるようになる
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookは現地時間2011年9月14日、友達ではないユーザーの投稿を購読できる機能を追加したと発表した。ミニブログサービス「Twitter」のように、著名なジャーナリスト、人気のあるアーティスト、政治家などの更新情報を自分のページで追跡できるようになる。

 Facebookでは今後数日のうちに、一部ユーザーのプロフィールに「Subscribe(フィード購読する)」ボタンが表示されるようになる。すでに友達になっているユーザーの場合、Subscribeボタンを使って、News Feedに表示させる情報の範囲を「All updates(すべてのアップデート)」「Most updates(ほとんどのフィード)」「Important updates only(重要なフィードのみ)」の3段階から選べる。表示させたいコンテンツのタイプを、近況、写真、ゲームなどに絞ることもできる。

 たとえそのユーザーが知り合いではなくても、プロフィールにSubscribeボタンが表示されていれば、そのボタンをクリックすることでそのユーザーの更新情報をNews Feedで購読できる。友達の場合と同様に、News Feedに表示する範囲を設定することも可能だ。

 Subscribeボタンをプロフィールに設置するには、「Subscriptions Page」で「Allow Subscribers(フィード購読を許可します)」をクリックする。他人が購読できるのは「Public(公開)」に設定されているコンテンツに限られる。

 Facebookは前日にも、「Friend Lists(友達リスト)」の強化として友達を自動で振り分ける「Smart lists」機能や自身の投稿の公開先リストを指定できる機能などを追加したと発表した。こうした友達分類機能は米GoogleのSNS「Google+」を意識したものだと見られている(関連記事:Facebookが友達リストを強化、自動分類機能「Smart lists」など追加)。

[発表資料へ]