PR
写真1●会見で登壇したソニー・エリクソンの金子克之・マーケティング部統括部長(中央・向かって左)とSCEの杉本滋・第2事業部PSS部課長(中央・向かって右)
写真1●会見で登壇したソニー・エリクソンの金子克之・マーケティング部統括部長(中央・向かって左)とSCEの杉本滋・第2事業部PSS部課長(中央・向かって右)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●PlayStation Storeで配信予定の主なゲームタイトル
写真2●PlayStation Storeで配信予定の主なゲームタイトル
[画像のクリックで拡大表示]

 「高品位で快適なゲーム体験で、従来のスマートフォン利用者とは異なる新たなユーザー層を開拓していきたい」---2011年9月15日から千葉・幕張メッセで4日間開催される東京ゲームショウ2011(TGS2011)。その初日、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズが、展示ブースで披露するAndroidスマートフォン「Xperia PLAY SO-01D」(以下、Xperia PLAY)に関して記者会見を実施した(写真1)。ソニー・エリクソンの金子克之マーケティング部統括部長やソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の杉本滋第2事業部PSS部課長が登壇し、新モデル投入の狙いや同機種に向けたゲームコンテンツの具体的な内容について語った。

 Xperia PLAYは、現行機種の「Xperia arc」や「Xperia acro」と同様の基本性能を備えつつ、携帯ゲーム機のように操作できるスライド式ゲームパッドを追加したスマートフォン。グローバル市場で展開する機種のNTTドコモ向けモデルであり、NTTドコモは10月~11月に全国で発売する予定だ。

 同機種を日本市場に投入する狙いについて、ソニー・エリクソンの金子統括部長は「現在のゲーム市場の中で、スマートフォン向けゲームは最も成長著しいセグメントになっている。ゲームパッドを備えたXperia PLAYと、この機種に適したゲームコンテンツを組み合わせることで、高品位で快適なゲーム体験をユーザーに提供できる。これにより、従来のスマートフォン利用者とは異なる新たなユーザー層を開拓していきたい」と説明した。

 Xperia PLAYは、Android上で初代PlayStationゲームを動作させる、SCEのライセンスプログラム「PlayStation Certified」の認定を受けている。PlayStation向けに発売済みのゲームのうち、購入時には「みんなのGOLF2」と「クラッシュバンディクー」がプリインストールされる。またSCEが今後開設するPlayStation Storeにも対応予定で、同ストア経由で別のゲームを入手できるようになる。

 加えて本日の会見ではSCEの杉本課長が、PlayStation Storeで提供予定の主なタイトルを披露(写真2)。過去にPlayStationゲームとして発売された人気ゲームを20種類以上揃えることを明らかにした。このうち一部のゲームや、Xperia PLAYにプリインストールされる2タイトルについては、TGS2011のソニー・エリクソンの展示ブースで試遊できるという。なおXperia PLAY向けゲームとしてはPlayStaionゲーム以外にも、同機種のゲームパッドに最適化して開発されたゲームが複数提供される予定である。


■この記事について他の読者と意見を交換する
  トピック「初代プレステがAndroidスマホに
   「Xperia PLAY」がドコモから登場

  コミュニティサイト「Android Developer Lounge」トップ