PR
写真●Windows 8のブルースクリーン。Metroユーザーインタフェース上で、タイルのスクロールやアプリケーションの切り替えなどを実行していたら突然表示された
写真●Windows 8のブルースクリーン。Metroユーザーインタフェース上で、タイルのスクロールやアプリケーションの切り替えなどを実行していたら突然表示された
[画像のクリックで拡大表示]

 米国カルフォルニア州アナハイムで開催されている米Microsoftの技術カンファレンス「BUILD」。この初日のキーノートに合わせて、参加者に開発者向けプレビュー版をインストールしたタブレットPCが配られている(関連記事「Windows 8プレビュー版搭載のタブレットを参加者に配布」)。このタブレットPCを使っていて、これまでのWindowsと違うブルースクリーンが表示されたので報告しよう(関連記事「写真で見るWindows 8搭載タブレット」、関連記事「Windows 8のUI、従来のデスクトップ上にMetroをかぶせる 」)。

 表示された画面は写真の通り。Metroユーザーインタフェース上で、タイルのスクロールやアプリケーションの切り替えなどを実行していたら突然表示された。この画面での操作は一切できず、一番下にある数字がカウントダウンされて「0」になったら自動的に再起動された。どうやら回復不能なエラーが発生したようだ。

 ブルースクリーンとは、Windowsで回復不能なエラーが発生したときに表示される画面の通称である。Windows XP以降では出現頻度が減ったが、通常のユーザーには解読や対処が困難なメッセージが表示されて操作不能になるため評判が悪かった。実際の製品ではどうなるかわからないが、今回表示されたWindows 8のブルースクリーンでは解読が難しいメッセージは表示されず、顔文字まで表示されるユーザーフレンドリーなものに変わっている。