PR

 電通は2011年9月16日、経済産業省が推進する「平成23年度クール・ジャパン戦略推進事業(海外展開支援プロジェクト)」のシンガポール事業(コンテンツ分野)を受託したと発表した。

 今後、東南アジアへの進出を検討する日本コンテンツを支援するサービスを、豊田通商およびSOZOと協力して開始する。電通は、経済産業省の施策の下で、「現地企業・日系企業と日本コンテンツのマッチングを積極的に展開することで日本コンテンツの露出拡大を図り、シェア拡大に努める」という。

 電通は2011年9月20日に、東南アジアの情報発信源となるシンガポール市場への進出を目指すコンテンツの公募を開始する。現地で活動する企業などへのヒアリングをベースに審査し、10月上旬に支援の可否を決定する。採用されたコンテンツには、(1)電通が主催する「アニメ・フェスティバル・アジア」やクール・ジャパンコンテンツの情報を取りまとめて発信するWebでのプロモーション、(2)現地販売拠点におけるコンテンツ関連グッズの販売、(3)現地における受容度調査およびそのフィードバック――などのサービスを提供する。さらに、現地で活動する日系・ローカル企業の商品やサービスとの協業機会を創出し、コンテンツの露出拡大を目指す。

[発表資料へ]