PR

 米カリフォルニア州のアナハイムで開催されている米Microsoftの開発者会議「BUILD」で、タブレット(関連記事「写真で見るWindows 8搭載タブレット」、関連記事「Windows 8ではブルースクリーンも一新」)とともに配られたWindows 8の開発者向けプレビュー版。このWindows 8について、会場で配布されたタブレット版で操作してみたファーストルックをお届けしよう。一言で言うと、Windows Phoneで採用したMetroユーザーインタフェースを、従来のWindowsデスクトップにかぶせた印象だ。

 はじめて電源を入れるとライセンスに同意する画面やユーザー登録といった初期設定画面が表示されるが、ここではそうした初回特有の動作は省略する。初期設定が終わっているWindows 8の電源を入れると、まずスクリーンロック画面が表示される(写真1)。

写真1●Windows 8のスクリーンロック画面
写真1●Windows 8のスクリーンロック画面
この画面をめくるように指で上に滑らせるとユーザー認証画面になる
[画像のクリックで拡大表示]

 ジャイロセンサーなど傾きを検知するマシンでは、縦向きにするとスクリーンロック画面も縦になる(写真2)。

写真2●画面を縦置きにするとスクリーンロック画面も縦に切り替わる
写真2●画面を縦置きにするとスクリーンロック画面も縦に切り替わる
[画像のクリックで拡大表示]