PR

 2011年9月22日に「KDDIがiPhone 5を発売する」との報道が日経ビジネス(電子版)をはじめ各紙から相次いだ。米アップルの次期iPhoneであるiPhone 5は、この10月にも発売されるとみられている話題のスマートフォン。日本では現在、ソフトバンクモバイルだけがiPhoneを販売している。

 ただし海外では、既に各国1事業者が販売するという体制は崩れている。例えば米国では米AT&Tモビリティと米ベライゾン・ワイヤレスの2社がiPhoneを発売(関連記事:CDMA版iPhoneがもたらすインパクト )。さらに米スプリント・ネクステルからもiPhone 5が発売されるとの報道もある。

 この米国の三つの携帯電話事業者のなかで、ベライゾン・ワイヤレスはKDDIと同じ通信方式であるCDMA2000版のiPhoneを発売している。こうした伏線もあり、日本でもKDDIが発売するのではないかとの期待が高まっていた。

 今回の報道に関してアップル広報は「ノーコメント」。KDDIは「当社が発表したものではなく、ノーコメント」と回答。また、関東を中心にauショップを広く展開する販売代理店社長も「全く知らされていない」と述べた。アップル関係者は「アップルより先にキャリアが発表することはありえない」としており、今後のアップルの正式発表が待たれる。

[関連記事]
Deutsche Telekomが「iPhone 5」予約注文の受付開始へ
『iPhone 5』試作品、またもバーで紛失
『iPhone 5』1500万台、台湾メーカーに発注か