PR
写真●ロジテックのIEEE802.11n対応小型無線LANルーター「LAN-MBW300N/PS」
写真●ロジテックのIEEE802.11n対応小型無線LANルーター「LAN-MBW300N/PS」
[画像のクリックで拡大表示]

 ロジテックは2011年9月22日、配下にあるスマートフォンやパソコンをまとめて公衆無線LANサービスにアクセスできるようにする「クライアントモード」を搭載した手のひらサイズの小型ルーター「LAN-MBW300N/PS」(写真)を発売することを発表した。価格は5565円で、10月下旬から出荷を始める。

 LAN-MBW300N/PSは、IEEE802.11b/g/n規格に対応し、最大300Mビット/秒(理論値)での通信が可能な小型無線LANルーター。上記クライアントモードに加え、一般的な「ルーターモード」と「アクセスポイントモード」も搭載している。モードの切り替えは本体に備わった物理スイッチで行う。本体にはWANポートのほか、有線LANポートも1ポート装備している。

 クライアントモードでの接続確認済み公衆無線LANサービスは、ホットスポット(NTTコミュニケーションズ)、FREESPOT(FREESPOT協議会)、ワイヤレスゲート(ワイヤレスゲート)、BBモバイルポイント(ソフトバンク テレコム)、Wi2 300(ワイヤ・アンド・ワイヤレス)、livedoor Wireless(ライブドア)の6サービス(2011年9月現在)。1つの接続IDで5台までの機器を同時接続できる。

 本体への給電は、付属のACアダプタのほか、USB(mini-B)ケーブル経由でも可能(ユーザーが別途用意する必要がある)。バッテリーは搭載していない。手のひらサイズでありながら外部アンテナを搭載したことにより、「半径約20mまでの範囲まで安定して高速通信できる」(ロジテック)としている。

 異なるSSID(Service Set IDentifier)を持つ端末と同時接続が可能な「マルチSSID」に対応する。例えばスマートフォンとパソコン用のSSIDではセキュリティ方式として「WPA2-PSK (AES)」を利用し 、携帯ゲーム機用のSSIDは同「WEP」を利用するという具合に、SSID単位で別々のセキュリティ設定を適用して利用できる。

 Androidマーケットからダウンロードできる専用の設定アプリ「かんたん無線君」を用意しており、Androidスマートフォンやタブレット端末から簡単に接続設定を施せるという。iPhone/iPadやパソコンの場合はWebブラウザー経由で設定する。本体サイズは70mm(幅)×56mm(奥行き)×13mm(高さ)で、質量は40gとなっている。