PR

 米Facebookは米国時間2011年9月23日、ユーザー自身のオンライン活動を時系列で示す年表風プロフィール「Timeline」機能を追加したと発表した。また、コンテンツ共有手段の強化についても説明した。

 Timelineでは、Facebookへの写真やコメント投稿などの活動を年表形式で表示する。これまでも過去の投稿はページ下部の「Older Posts」をクリックすればさかのぼって確認することができたが、ながながとスクロールする必要があった。Timelineはより見やすいデザインで、年数や月からすぐに過去のある時点に移動したり、最近のアップデートに戻ったりすることが可能。

 ページのトップには大きなカバー写真が配置され、自分史を紹介する感覚で作成できる。過去の特定の時点に情報や写真を追加することも可能。Timelineは今後数週間で利用できるようにする。

 さらに、ソーシャルグラフ(プロフィールや人脈などの人間関係)を外部サイトから利用できるようにする仕組み「Open Graph」を強化し、開発者がTimelineのデータをアプリケーションと統合できるようにした。これにより、ユーザーは今聞いている音楽、今見ているテレビ番組などを手軽にTimelineで共有することができる。米メディアの報道(New York Times)によると、強化版Open Graphの採用については、音楽ストリーミング配信サービスの英Spotifyやオンライン映画レンタルサービスの米Netflixと提携しており、例えばユーザーは友達が現在聞いている音楽やビデオをTimeline上で確認し、同時にそのコンテンツを再生して楽しむことができる。

[発表資料1へ]
[発表資料2へ]