PR
スマートフォンのOS別シェア(右のグラフは過去3カ月間に購入したスマートフォンのみを対象に集計)
スマートフォンのOS別シェア(右のグラフは過去3カ月間に購入したスマートフォンのみを対象に集計)
[画像のクリックで拡大表示]

 米Nielsenが米国時間2011年9月26日にまとめた米国スマートフォン市場に関する調査結果によると、過去3カ月間にスマートフォンを購入した米国消費者は、半数以上が米Googleのモバイルプラットフォーム「Android」を選択した。

 2011年8月の米国スマートフォンユーザーの端末をモバイルプラットフォーム別で見ると、Androidが43%と最も多く、続いて米Appleの「iOS」が28%だった。カナダResearch In Motion(RIM)の「BlackBerry」は18%で、その他が11%だった。

 過去3カ月間に購入したスマートフォンのみ対象にした場合、Androidは56%と過半数を占めている。iOSは28%、BlackBerryは9%、その他は6%となった。Nielsenは、Appleが「iPhone」の新モデルをリリースしたり、iPhoneを導入するキャリアが増えたりするたびに販売台数が伸びることから、近いうちにシェアの変動が起こる可能性があるとみている。

 なお米メディアの報道(Computerworld)によると、5月時点のスマートフォン全体におけるシェアはAndroidが38%、iOSが27%、BlackBerryが21%で、過去3カ月の購入者に限って見た場合はそれぞれ49%、31%、16%だった。

[発表資料へ]