PR

 チューリップテレビとメディアキャストは2011年9月28日、 富山県内を放送エリアとするチューリップテレビの地上デジタル放送のデータ放送で、富山県の行政情報を提供するトライアル放送を10月1日に開始すると発表した。

 トライアルでは、富山県庁ホームページで公開されている催し物に関する行政情報を、メディアキャストが開発した統合型データ放送システム「DataCaster M3」を介して、地上デジタル放送のデータ放送コンテンツとして自動連動させ、チューリップテレビのデータ放送で放送する。トライアルは年内終了を予定する。

 ほとんどの家庭に設置されたデジタルテレビのデータ放送を活用することにより、インターネット回線がない環境やパソコン操作に不慣れな人でも、容易に行政情報へアクセスしたり、県内ニュース/天気予報などのデータ放送コンテンツにアクセスできる。

 チューリップテレビは「データ放送の活用による地上デジタル放送の魅力の向上や、地域に根ざした放送活動を通じて視聴者の期待に応えるとともに、地域社会の情報化に貢献したいと考えている」とし、富山県庁の理解を得て今回のトライアル放送の実施に至ったと説明する。

 メディアキャストは、「DataCaster M3の導入で、コンテンツ制作から送出・運用を一つのシステムでローカル局内で容易に実現でき、既存の設備と系列キー局からのコンテンツを生かしながら、ローカル局独自のデータ放送の送出を可能とした」と説明する。

[チューリップテレビのホームページ]
[発表資料へ]