PR

 プライバシー擁護団体の米電子プライバシ情報センター(EPIC)は米国時間2011年9月29日、SNSサイト「Facebook」が最近追加した新機能にプライバシー上の問題があるとして、米連邦取引委員会(FTC)に調査を行うよう要請した。

 Facebookは今月、リアルタイムで友達のオンライン活動を確認できる「Ticker」(関連記事)や、ユーザーのオンライン活動を時系列で示す「Timeline」などの新機能と、ソーシャルグラフ(プロフィールや人脈などの人間関係)を外部サイトから利用できるようにする仕組み「Open Graph」の強化(関連記事)を発表した。これにより、ユーザーが今実行した写真投稿や書き込みといった活動のほか、外部の提携サイトで現在聞いている音楽や見ている動画などの情報も、Facebook上で手軽に共有できるようになる。

 EPICは、今回のビジネス慣習の変更によって、Facebookがこれまで以上にパートナー企業へ個人情報を提供できるようになると批判。また、ユーザーがFacebookサイトからログアウトしたあともFacebookは密かにユーザーを追跡していると主張している。EPICの申し立てには、米自由人権協会(ACLU)、消費者擁護団体のConsumer ActionとCenter for Digital Democracy、米図書館協会なども参加している。

 これに対してFacebook広報担当のAndrew Noyes氏は、ユーザーは自分のオンライン活動を公開する範囲を管理できると反論。外部サイトで聞いている音楽などを手軽に共有する新機能を使うかどうかは、ユーザー自身が選べると説明した(米New York Times)。

[発表資料(プレスリリース)]
[FTCへの提出書類(PDF文書)]