PR
画面1●検索ルートの3次元(3D)表示例
画面1●検索ルートの3次元(3D)表示例
[画像のクリックで拡大表示]
画面2●「3D」ボタン
画面2●「3D」ボタン
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは米国時間2011年10月1日、地図表示サービス「Google Maps」の機能強化を発表した。「Get directions(ルート・乗換案内)」で検索したルートをヘリコプターの視点から3次元(3D)で眺めることができる(画面1)。

 使い方は、次の通り。まず、Get directionsで出発地と目的地を入力して「車」「徒歩」などの手段を選択し、推奨ルートを検索する。次に「3D」ボタンをクリックすると、地図表示が「Earth」ビューに切り替わり、自動的に俯瞰(ふかん)から推奨ルートをたどるプレビューが始まる(画面2)。

 プレビュー画面のいずれかの場所をクリックするか、左下の停止ボタンをクリックすると、移動が停止するので、その視点から周りを見回すことも可能。左下の再生ボタンをクリックすれば、移動が再開する。プレビューで追跡している位置は、左カラムに表示されたルート案内で、該当するコースがハイライト表示される。

 通常の地図モードに戻すには、「2D」ボタンをクリックする。

[発表資料へ]