PR
写真1●Oracle OpenWorld 2011の基調講演に登壇した米オラクル ラリー・エリソンCEO
写真1●Oracle OpenWorld 2011の基調講演に登壇した米オラクル ラリー・エリソンCEO
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●初公開のBI専用機「Exalytics」
写真2●初公開のBI専用機「Exalytics」
[画像のクリックで拡大表示]

 2011年10月2日(現地時間)にサンフランシスコで開幕した米オラクルの年次イベント「Oracle OpenWorld 2011」で、ラリー・エリソンCEO(最高経営責任者)が基調講演に登壇(写真1)。ソフトウエアとハードウエアの一体設計により処理性能を高めたBI( ビジネスインテリジェンス)専用機「Exalytics」(写真2)を初公開した。
 
 オラクルは、ハードウエア技術を活用してミドルウエア・アプリケーションの性能を高める統合型製品を、「Engineered System」(エンジニアード・システム)と呼んでいる。そのラインアップとして現在データベース専用機の「Exadata」やJava専用機の「Exalogic」などを提供しており、Exalyticsはこの“Exaシリーズ”の第3弾となる。
  
 1TバイトのDRAMと、計40コアのXeonプロセッサ、Infinibandなどを備えるハードに、インメモリーデータベース「Oracle Times Ten」を実装。Times Ten上で、OLAP(オンライン分析処理)ソフトの「Oracle Essbase」をはじめBIに必要なソフトを動かす。
 
 最大の特徴は高速処理で、「人が“これを調べたい”と思いついた瞬間に、データの分析結果を表示できる」、とエリソンCEOは豪語する。データベース処理の並列化、メモリー上のデータ配置の最適化などチューニングを施すことで実現する。エリソンCEOによれば「データベース上にある5Tバイトの圧縮データを、わずか5秒間ですべてスキャンする」という。

 また、爆発的に増加する情報、いわゆる「ビッグデータ」を高速に分析する際にも、同製品は有効だとエリソンCEOは言う。「RDBMS上の構造化データだけでなく、(ビッグデータに良く見られる)非構造化データを扱う場合でも、同様のスピードで分析可能だ」(エリソンCEO)。
 
 なおOOW2011の2日目となる10月3日(現地時間)には、Exalyticsのより詳細な情報に加え、クラウドやビッグデータに関する最新の製品動向が多数発表される見込みである。