PR
「カスタムアプリ」機能で、営業企画部のタスク管理を実装した例。タスクはサイボウズ Officeのメッセージ機能で登録できる。登録済みのタスクは各メンバーのスケジュール画面に自動登録される仕組みだ
「カスタムアプリ」機能で、営業企画部のタスク管理を実装した例。タスクはサイボウズ Officeのメッセージ機能で登録できる。登録済みのタスクは各メンバーのスケジュール画面に自動登録される仕組みだ
[画像のクリックで拡大表示]

 サイボウズは2011年10月3日、グループウエアの新版「サイボウズ Office 9」を発売した。新版では、複数のメンバーでタスクを共有し、部署の管理者が容易にタスクの進行状況などを管理できる「カスタムアプリ」機能を追加した。

 カスタムアプリを使えば、プロジェクトの進行管理や売上・備品管理などの機能をサイボウズ Office上に実装できる。従来、進行管理や備品管理などの機能は別製品の「サイボウズ デジエ」で提供していた。これをサイボウズ Officeに取り込んだ形だ。

 サイボウズ Office 9には、スタンダード版とプレミアム版がある。スタンダード版は、スケジュールや施設予約などのグループウエア機能と、前バージョンでは別料金で提供していたワークフロー機能などが使える。プレミアム版は、スタンダード版の機能に加えてカスタムアプリ機能が利用できる。

 価格は、スタンダード版が6万3800円(10ユーザー)から、プレミアム版が8万2800円(10ユーザー)から。