PR

 ソフトバンクの孫正義代表取締役社長は2011年10月6日、米Appleのスティーブ・ジョブズ会長の死去に伴い、「とても悲しい」とのコメントを発表。ジョブズ氏はレオナルド・ダ・ヴィンチと並んで記憶されることになるだろうと同氏の業績をたたえた。

 コメントの全文は「とても悲しい。スティーブ・ジョブズは、芸術とテクノロジーを両立させた正に現代の天才だった。数百年後の人々は、彼とレオナルド・ダ・ヴィンチを並び称する事であろう(he will be remembered alongside Leonardo da Vinci)。彼の偉業は、永遠に輝き続ける」(孫氏)。