PR
写真1●四つの主な機能
写真1●四つの主な機能
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Oracle Fusion Applicationsに組み込んで提供
写真2●Oracle Fusion Applicationsに組み込んで提供
[画像のクリックで拡大表示]

 Oracle Open World 2011の最終基調講演で、米オラクルのラリー・エリソンCEOは「Oracle Public Cloud」(関連記事)に続いて、TwitterやFacebookといったソーシャルサービスの機能を企業向けに提供するソリューション「Oracle Social Network」を発表した。

 Oracle Social Networkの主な機能は四つ。人と人・もののつながりを示すソーシャルグラフ、ソーシャルグラフに含まれる最新情報などを示すフィード、文書共有、Web会議やチャットなどのリアルタイムコミュニケーション、である(写真1)。

 オラクルはこのソリューションを、ビジネスアプリケーションスイート「Oracle Fusion Applications」(関連記事)に組み込んで提供する(写真2)。Oracle Social Networkを介して社員同士がチームとなり、Fusion Applications上で業務プロセスを遂行していくことが可能になる。