PR

 ジェミナイ・モバイル・テクノロジーズは2011年10月5日、クラウドストレージを構築するための同社のソフトウエア製品「Cloudian」について、処理性能とディスク利用効率を向上させる新機能を開発したと発表した。新機能の名称は「HyperStore」で、2011年12月~2012年初めにHyperStoreを組み込んだ商用版Cloudianをリリースする予定。

 HyperStoreを使うと、サイズや特性に合わせてユーザーデータの格納先を自動的に使い分けられるようになる。現状のCloudianでは、ユーザーのデータを格納するバックエンドデータベースに、「NoSQL」と総称されるデータベースソフトの一つであるCassandraを採用している。HyperStoreがあれば、ファイルシステムのような、Cassandraとは別の種類のストレージもユーザーデータの保存先として使える。

 Cloudianは、Amazon S3 REST APIをサポートするマルチテナントクラウドストレージソフトウエア。同ソフトウエアを稼働させるサーバーの台数を増やすスケールアウトによって、データ容量や性能を向上させることができる。ジェミナイはCloudianのバックエンドデータベースの多様化を進めており、その一環としてHyperStoreを開発した。