PR
iPad向けのFacebookアプリケーション
iPad向けのFacebookアプリケーション
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookは米国時間2011年10月10日、米Appleのタブレット端末「iPad」向けのアプリケーションをリリースした。パソコンと同様のすべてのFacebook体験をiPadで楽しめるとしている。Appleのモバイルアプリケーション配信/販売サービス「App Store」から無償で入手できる。

 指先のスクロールで「News Feed」を閲覧し、スワイプ操作でアルバムに目を通し、ピンチ操作で写真を拡大するなど、iPadの大画面タッチスクリーンを生かした使い勝手を提供する。実際のアルバムをめくるような感覚で写真を次々と眺めることができる。

 左側に配置されたメニューから、「ゲーム」「アプリケーション」「グループ」などに即座にアクセスすることが可能。いずれの画面でも上部のアイコンからメッセージや通知をドロップダウンリストで表示し、画面を切り替えることなくメッセージ送信も行える。またチャットでやりとりしたり、フルスクリーンでゲームやアプリケーションを使用したり、近くに友達がいないか地図上で確認したりできる。

 高画質ビデオをiPad上で再生および録画するほか、Appleのストリーミング配信機能「AirPlay」をサポートしているためApple製セットトップボックス「AppleTV」にビデオをストリーミング伝送することもできる。

 iPad向けアプリケーションは、従来からある「iPhone」および「iPod touch」向けアプリケーションと統合したユニバーサルアプリケーションで提供する。iPhone向け機能も強化し、ブラウズと検索速度を高め、ナビゲーションを簡素化した。「iOS 3.0」以降で利用可能。

[発表資料へ]