PR

 米Googleは米国時間2011年10月10日、Webアプリケーション構築のためのプログラミング言語「Dart」の早期プレビュー版を公開した。構造的でありながらフレキシブルで、プログラマーにとって馴染みやすく、あらゆるWebブラウザーやプラットフォームで高い性能を実現できることを目指す。

 Dartは、モバイルデバイスからサーバープラットフォーム、個人用から大規模アプリケーションと、広範な開発プロジェクトを対象とし、オプションの型を各種そろえる。開発者は、用意された型を使ってWebアプリケーションの作成を開始し、いつもで必要に応じて型を追加できる。

 Dartのコードは、ネイティブな仮想マシン上で実行するか、コンパイラを使ってJavaScriptに変換し、JavaScriptエンジン上で実行することができる。つまり、Dartで作成したアプリケーションはほとんどの最新ブラウザーで稼働させられるという。GoogleのWebブラウザー「Chrome」は今後、Dart VMをサポートする予定。

 Dartは、コードのチェック、コンパイル、実行のための基本的なライブラリーとツール群で構成される。「ライブラリーやツールは開発者の参加によってさらに進化する」(Google)とし、Dartをオープンソースとして公開する。Webサイトを通じてチュートリアルやライブラリー、サンプルコードなどにアクセスできる。

[発表資料へ]