SAPジャパンは2011年10月11日、インメモリーデータベース(DB)製品「SAP HANA」の新版「SP3」に関する事前説明会を実施した。データ分析用オープンソースソフトウエアの「R」に対応し、ビッグデータ(大量データ)の分析を容易にするほか、SAP製データウエアハウス(DWH)構築ソフト「SAP BW」のデータベースとして利用可能にする。価格も改訂する予定だ。11月7日に出荷を開始する。

 HANAは、インメモリーDB技術を利用してデータ処理を高速化するアプライアンス製品。10年12月に出荷を開始した(関連記事:「バッチを待つ必要はもうない」、SAPがインメモリーソフトを発表)。今回説明したHANA SP3は従来、「HANA 1.5」という名称だった。

 HANA SP3の目玉の一つは、「R」に対応した開発・実行環境「RICE」を搭載することだ。「Rはデータのシミュレーションや分析といった用途で使われており、日本にも多くの技術者がいる。問題は、ビッグデータに対応した環境が存在しないことだ。現時点では、大量のデータを利用した超高速シミュレーションなどを実現するのは難しい」と、リアルタイムコンピューティング推進本部長の馬場渉氏は話す。

 RICEはHANAが提供するインメモリーDB技術を生かして、ビッグデータを扱うアプリケーションをRで開発・実行できるようにする。開発支援ツールに加えて、Rで開発したアプリケーションも順次提供する予定だ。「データシミュレーションや分析アプリケーションの市場は、今後3~5年で急成長する」と馬場氏はみる。

 HANA SP3では加えて、BWの「認定データベース」としてHANAを利用できるようにした。BWは主にSAP製ERP(統合基幹業務システム)パッケージの利用者向けのDWHソフトで、日本では400社が導入している。「子会社を含めると1000社を超す。ERPユーザーの3社に1社はBWを使っている」(馬場氏)。

 現在は、BW用のDBとして日本オラクルの「Oracle Database」や日本IBMの「DB2」、日本マイクロソフトの「SQL Server」などを利用できる。HANA SP3から、これらのDBの代わりにHANAを選択できる。「日本で2社が試験導入しており、6時間かかっていた処理が2秒になる、ハードウエアも億単位の費用だったのが数千万円程度になる、などの効果が出ている」(馬場氏)。同社は2年以内に、現在のBWユーザーの半数の200社がDBをHANAに置き換えると見込んでいる。

 ただし、BWでHANAの機能をフルに生かすには、BWを「バージョン7.3 SP5」にアップグレードする必要がある。それ以前のバージョンのBWでもHANAを利用できるが「得られるメリットは限定的になる」(馬場氏)。

 HANA SP3では、バックアップやリストア、セキュリティ、監査、権限管理といった管理機能も強化。データの分析やシミュレーションを支援する関数群である「ビジネスファンクションライブラリー」や「予測アルゴリズムライブラリー」も提供する。このほか、ERPのデータをリアルタイムで複製(レプリケーション)する「SLT」と呼ぶ機能も搭載する。これまでSAP製ERPのデータはリアルタイムで複製できたが、SLTによりSAP以外の製品のデータもリアルタイムで複製可能になる。

 価格体系も見直す。「BWのDBやRの開発・実行環境としての利用を促進するために、戦略的なアプローチを採る」(馬場氏)とする。詳細は11月7日の提供時に公表する計画だ。