PR
CMOの82%はソーシャルメディアの利用を増やすとしているが、現在ブログを追跡しているのはわずか26%
CMOの82%はソーシャルメディアの利用を増やすとしているが、現在ブログを追跡しているのはわずか26%
[画像のクリックで拡大表示]

 米IBMが米国時間2011年10月11日にまとめたマーケティングに関する調査結果によると、企業の最高マーケティング責任者(CMO)はソーシャルメディアの普及などにより顧客との関わり方に重大な変化が起きていることは認識しているが、マーケティング部門がそれに対して準備ができているかは疑問だという。

 19業界にわたる64カ国の企業でCMOを務める1700人以上を対象に調査を実施したところ、CMOの82%は今後3~5年でソーシャルメディアの利用を増やすつもりだと回答した。しかし現在ブログを追跡しているCMOはわずか26%で、他社のレビューをチェックしているという割合は42%、消費者のレビューをチェックしている割合は48%だった。

 マーケティングの評価基準についても変化が起きていることが分かった。CMOの63%は、2015年にはマーケティングの投資回収(ROI)がマーケティング成果を測定する基準になると考えている。しかし、マーケティングのROIに関して責任を負う準備が十分にできているというCMOは半数以下の44%だった。

 CMOは、広告予算から新技術まで、従来は管理対象ではなかった分野についても責任を負わなければならなくなる。しかし、今後3~5年間に身につけるべき要素は何かCMOに尋ねたところ、「技術的能力」を挙げる人はわずか28%だった。「ソーシャルメディアの知識」は25%、「財務に関する洞察力」は16%にとどまった。

[発表資料へ]