PR
写真●MetaMojiが2011年10月中の提供を予定する「7notes with mazec」
写真●MetaMojiが2011年10月中の提供を予定する「7notes with mazec」
[画像のクリックで拡大表示]

 東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の「ITpro EXPO 2011」に出展しているソフト開発のMetaMojiは、Android端末で使える日本語の手書き入力ソフト「7notes with mazec」(写真)を参考展示している。2011年10月中をメドに提供を始める。

 7notes with mazecは、Android端末の画面に手書き入力した文字を自動的にテキストデータに変換できる。複数の文字を同時に漢字などに変換できる機能は「他社ソフトにはなく当社独自」(MetaMoji事業企画部の亀井正樹氏)という。

 入力した文字を後からテキストデータに変換する機能も備える。外回りの営業担当者などに有用としている。既にiPad版は2011年2月、iPhone版も同6月に提供済みだ。iPad版については、現状で数十社への導入実績がある。

 価格は1ライセンス当たり年額2800円を予定する。初年度のみ初期費用として50万円が必要になる見込みだ。