PR
写真●NTTPCコミュニケーションズのブースの様子
写真●NTTPCコミュニケーションズのブースの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTPCコミュニケーションズは、2011年10月12日から14日まで東京ビッグサイトで開催中のITpro EXPO 2011で、11月からサービスを開始する「秘密分散ストレージサービス」を参考展示している(写真)。このサービスは、保存するデータを暗号化し、最小4Kバイトほどに分割して、日本全国にある7カ所のデータセンターに分散させて保存する。保存したデータは、利用する際に複数のデータセンターからデータの断片を集めて復号化し、WindowsなどからNAS(Network Attached Storage)を利用しているように操作できる。

 各データセンターに保存されたファイルは断片化されているため、一つのデータセンターからデータが漏えいした場合でも元のファイルに復号できない。トライアルでは、電子カルテなどを扱う医療機関からの問い合わせが多いという。また災害にも強く、あるデータセンターが災害などで利用できなくなっても、他のデータセンターにファイルの断片が70%以上残っていれば元のファイルを復元できる。全国に存在する7カ所のうち2カ所がアクセス不能になってもデータの復元が可能だ。

 NTTPCコミュニケーションズは2011年11月から本サービスを開始する予定だ。価格は、100Gバイトのストレージを利用する場合で初期料金5万円、月額料金が2万3000円(ともに税抜)。